ドクターセノビル(Dr.Senobiru)の効果D−シトルリン

スイカ

 

シトルリンは1930年に日本でスイカから発見されたという歴史を持つ
わたしたち日本人にはゆかりのある栄養素なんです。
スイカの学名「シトルラス ブルガリス」にちなんで「シトルリン」と名付けられました。

 

アミノ酸の一種ですが、わたしたちの体の中ではたんぱく質を構成するという形ではなくアミノ酸そのままの姿でばらばらの状態で存在するので、「遊離アミノ酸」と言われています。

 

オルニチンやギャバなどもこの遊離アミノ酸の仲間なんですよ。(^^)

 

シトルリンは血管を拡張し血流を促進する作用など様々な働きをすることから「スーパーアミノ酸」とも呼ばれています。シトルリンの血管拡張・血流促進作用は人間の体内で一酸化窒素(NO)を産み出すことでもたらされます。

 

一酸化窒素と言うと自動車の排気ガスに含まれ、大気汚染の原因になるものという怖いイメージがありますが、実は人間の体の中では血管を押し広げる効果があるんです。

 

血管を拡張し、血流を促進するということで、動脈硬化の抑制やむくみ解消の効果、
末梢血管の拡張による冷え性の改善などの効果があります。

 

シトルリンは天然保湿因子という、人間がもともと持っている保湿成分を構成する
アミノ酸の一種なので、美肌効果も持っています。
むくみ解消、冷え性改善などとあわせ、女性には何とも嬉しい栄養素ですね。

 

また、血流の改善作用は脳の血流にも及びます。脳の血流が活発化することで
集中力や記憶力を向上させる効果も期待されるんですね。

 

さらに、疲労の原因となるアンモニアの解毒作用や、運動後の筋肉痛の原因である乳酸の消費を促進する作用などから疲労回復、スポーツにおけるパフォーマンスの向上などの効果もあります。

 

もうひとつ、シトルリンには成長ホルモンの分泌促進作用があります。
成長ホルモンは筋肉増強や骨の成長作用があるため、血流改善効果との
相乗作用が期待されるんですよ。

 

シトルリンをたくさん含む食べ物

  • すいか
  • ゴーヤ
  • きゅうり
  • メロン
  • 冬瓜

 

シトルリンはスイカなどの果肉にも含まれていますが、特に皮の部分にたくさん
含まれているんです。いつもは捨ててしまうスイカの皮ですが、健康・美容効果
があることをご存知の方は上手に料理をして食していらっしゃるようです。

 

クックパッドなどにレシピがたくさん掲載されているので、
ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。(^^)

 

 

『ドクターセノビルの口コミ | 年代別・男女別に集めました!』のトップに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加