ドクターセノビル(Dr.Senobiru)の効果F−ビタミンB群

ビタミンB群を含む食べ物

 

 

ビタミンB群というのは

  • ビタミンB1、B2、B6、B12
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • 葉酸
  • ピオチン

の8種類のビタミンのことを指します。

 

それぞれに協力しあいながら、わたしたちの体にエネルギーを供給したり
脳や神経、皮膚などを健康な状態に保つ働きをしています。

 

 

<ビタミンB1>

 

ビタミンB1は世界で最初に発見されたビタミンで、疲労回復や脳の働きを
正常に保つ効果があります。

 

わたしたちが生活していくためのエネルギーは炭水化物(糖質)、脂質、たんぱく質の
3大栄養素から作られますが、炭水化物(糖質)をたくさん含むお米を主食とする
わたしたち日本人にとっては炭水化物(糖質)は特に重要なものになります。

 

ビタミンB1はこの炭水化物(糖質)からエネルギーを作り出すときに使われる
栄養素なんです。ビタミンB1をしっかり摂ることで糖質がエネルギーに変換され
それが疲労回復効果につながっていくわけですね。

 

また脳がエネルギーとして利用できるのは3大栄養素のうちの糖質だけなんです。
このことから勉強や頭を使う仕事をしている方にとってもビタミンB1は
大切であると言えますね。

 

ビタミンB1をたくさん含む食べ物

  • 胚芽米
  • 豚肉
  • レバー
  • ナッツ類

 

 

<ビタミンB2>

 

ビタミンB1は3大栄養素のうち炭水化物(糖質)をエネルギーへと変換する際に
必要になるものでしたが、ビタミンB2は3大栄養素すべてのエネルギー変換を
助ける栄養素です。特に脂質をエネルギーに変えるのによく使われます。

 

成長期の子どもさんにはもちろん、スポーツをする人や肉体労働でエネルギーを
たくさん使う人はビタミンB2の必要量も多くなります。

 

ビタミンB2が不足すると口内炎や目の充血、肌荒れ、髪の毛の傷み、
脂漏性皮膚炎などを起こすことが知られています。

 

ビタミンB2をたくさん含む食べ物

  • レバー
  • ウナギ
  • 牛乳
  • 納豆

 

 

<ビタミンB6>

 

ビタミンB6は食事から摂取したたんぱく質をアミノ酸に分解し、再度体に必要な
たんぱく質へと合成するのを助ける働きがあります。肉や魚などを分解・再合成
するのに大切な役割を果たしているんですね。

 

たんぱく質の代謝を助けることで皮膚や髪の毛、歯・爪などを丈夫にし、
成長を促進します。

 

また免疫機能を維持する効果やホルモンのバランスを整える効果もあるため、
女性特有のイライラや気分の落ち込みなどにも有効となる栄養素です。

 

ビタミンB6をたくさん含む食べ物

  • カツオ、マグロ
  • レバー
  • バナナ

 

 

<ビタミンB12>

 

ビタミンB12は葉酸と協力して赤血球をつくるための細胞分裂を助ける働きを
しています。このためビタミンB12が不足して赤血球がうまく作れなくなると
巨赤芽球性貧血という悪性貧血が起こります。

 

ビタミンB12は動物性食品に広く含まれてるので、菜食主義などの極端な偏食を
していない限り不足することはありません。

 

ただし、胃の切除手術をした人はビタミンB12の吸収が悪くなるので意識的に
摂ることが大切です。

 

ビタミンB12をたくさん含む食べ物

  • レバー
  • 魚介類
  • 牛乳

 

 

<ナイアシン>

 

ナイアシンは人間の体の中に最も多く存在するビタミンです。糖質、脂質、
たんぱく質の3大栄養素をエネルギーに変える働きをします。体内で
エネルギーが生み出される際の60〜70%にナイアシンが関係しています。

 

また二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを分解するのを助ける作用も
あります。お酒をたくさん飲む人は不足しないように気を付けないと
いけませんね。

 

他にも脳神経の働きや皮膚や粘膜を健康に保つ効果があります。

 

ナイアシンをたくさん含む食べ物

  • カツオ、ブリ、サバ
  • 豆類
  • 果実類

 

 

<パントテン酸>

 

パントテン酸の名はギリシャ語の「広くどこにでもある」という言葉に
由来するもので、その意味通りにあらゆる食品に含まれているビタミンです。

 

3大栄養素をエネルギーに変える働きやストレスに対する力をつけるのに
重要な成分です。

 

わたしたちはストレスを感じると副腎皮質ホルモンが分泌されてストレスに
対抗しようとします。パントテン酸はこの副腎皮質ホルモンの分泌を促進する
効果があるんですね。

 

パントテン酸をたくさん含む食べ物

  • 牛乳

 

 

<葉酸>

 

葉酸はその名の通り野菜に多く含まれるビタミンで、ビタミンB12と協力して
造血を助ける作用をします。また細胞分裂で細胞が新しく作り出される時にも
重要な働きをします。

 

このため細胞分裂が盛んにおこなわれる胎児を抱える妊婦の方は、
胎児が健康に育つように特に意識して葉酸を取る必要があります。

 

葉酸をたくさん含む食べ物

  • ホウレンソウなどの緑黄色野菜
  • 小麦
  • マッシュルーム
  • レバー

 

 

<ピオチン>

 

3大栄養素をエネルギーに変える働きの他、皮膚や髪の毛を健康に保つ効果が
あります。ピオチンが不足すると皮膚炎や白髪、抜け毛・脱毛などの症状が
あらわれます。

 

また疲れやすくなったり憂鬱な気分が出ることとも関係しています。

 

ピオチンをたくさん含む食べ物

  • レバー
  • 落花生

 

 

『ドクターセノビルの口コミ | 年代別・男女別に集めました!』のトップに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加