ドクターセノビル(Dr.Senobiru)の効果@−アルギニン

バレーボールをする女の子

 

アルギニンは1886年にルピナスというマメ科の植物の芽から発見された「非必須アミノ酸」の一種です。アミノ酸というのはたんぱく質を構成する成分で、人間の体を形作っている一番小さな物質、生命の源だといえますね。

 

アミノ酸は自然界に500種類以上あることが分かっていますが、そのうちわたしたち人間の体に必要なたんぱく質を構成しているものは20種類だけです。

 

そしてその20種類のうち人間の身体の中で合成できないものが9種類あり、これを必須アミノ酸といいます。残りの11種類が身体の中で合成できるもので、これを非必須アミノ酸と呼んでいます。

 

アルギニンは体内で合成できる非必須アミノ酸ですが、乳幼児や子どもの場合は十分な量を合成することができず、不足分は食事などから摂取する必要があることから「準必須アミノ酸」とも呼ばれています。

 

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。成長ホルモンは子どもには身長を伸ばすものとして働きますが、大人には脂肪の代謝を促し筋肉を強化するという働きをします。

 

ボディビルダーがアルギニンを摂取しているという話が社会人の方の口コミの中にありましたが、それはこの働きに期待してのことなんですね。

 

他にもアルギニンには免疫力を高める効果、アンモニアの解毒効果=疲労回復効果、血管の老化を防止する効果=生活習慣病の防止効果、スキンケア効果など様々な効果が認められています。

 

前述したように子どもはアルギニンを体内で十分に合成できないため積極的に食事等から摂取する必要がありますが、実は大人も積極的に摂取した方がいいと言えるんです。

 

というのも成長ホルモンの分泌は10代をピークとして、その後は減少し続けます。40代でピーク時の約半分になってしまうので、アルギニンを摂ることで健康維持・アンチエイジングに役立つ様々な効果が期待できるからです。

 

アルギニンをたくさん含む食べ物

  • 鶏肉
  • 大豆食品
  • ナッツ類
  • エビ
  • 牛乳

 

わたしたちが食事から摂取したたんぱく質は、一度アミノ酸に分解された後、もう一度たんぱく質に再合成されます。この時に必要とされるのがビタミンB6。ビタミンB6を一緒にとることでよりアルギニンを効率的に取り入れることができることになります。

 

ビタミンB6をたくさん含む食べ物

  • 赤身魚(カツオ、マグロなど)
  • 牛レバー
  • バナナ
  • サツマイモ

 

あなたもぜひ上記のような食べ物を毎日の食事の中で上手に組み合わせて摂るようにしてくださいね。(^^)

 

 

『ドクターセノビルの口コミ | 年代別・男女別に集めました!』のトップに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加